WWW サーバ機能

エラーページカスタマイズ

ホームページが存在しない場合に表示される "404 Not Found" 等のエラーページは、通常 ii-okinawaホスティングサービス がご用意したページが表示されますが、お客様の Web サイトのデザインに併せたカスタマイズが可能です。

htdocs/ 直下に error/ ディレクトリを作成した後、以下の HTML ファイルを設置することで、WWW サーバが返すステータスコードに対応したエラーページを表示させることが出来ます。

htdocs/ ━ error/ ┳ 400.html
                  ┣ 401.html
                  ┣ 403.html
                  ┣ 404.html
                  ┣ 405.html
                  ┣ 500.html
                  ┗ 503.html

ステータスコードと対応する簡単な説明文は以下の通りです。

ステータスコード ファイル 説明
400 (Bad Request) 400.html リクエストは無効です。
401 (Unauthorized) 401.html 認証に失敗しました。
403 (Forbidden) 403.html アクセスが許可されていません。
404 (File not Found) 404.html 指定した URL にはドキュメントは存在しません。
405 (Method not Allowed) 405.html リクエストメソッドが許可されていません。
500 (Internal Server Error) 500.html サーバーは処理を実行することが出来ません。
503 (Service Temporary Unavailable) 503.html 現在アクセスが混み合っています。


充実の機能一覧 (ii-okinawaなら全部使えます)

低価格ながらも機能充実 ii-okinawa ホスティングサービス
ii-okinawaの高機能サーバサービス一覧
初めての方・ご検討中の方へ
サポート情報
OTNet
ひかりふる