Eudora 6J-Jr3
基本設定
  1. Eudora を起動します。
    Eudora を起動します。
  2. 「Eudora」の画面が表示されます。
    「Eudora」の画面が表示されます。
  3. メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。
    メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。
  4. 「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「基本設定」を選択します。
    「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「基本設定」を選択します。
    • 名前(R): お客様の名前を入力します。
      Eメールアドレス(A): お客様のメールアドレスを入力します。
      受信用サーバ(M): hx○○.otweb.jp
      ログイン名(L): システムアカウント名 (お客様番号 + 4 桁数字)
      送信用(SMTP)サーバ(S): hx○○.otweb.jp
      認証を許可(W) チェックしません。
    • メールサーバ名・ログイン名はサービス管理者へご確認ください。
    • 以上でアカウントの作成は完了です。
SMTP 認証設定
  1. メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。
    メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。
  2. 「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「基本設定」を選択します。
    「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「基本設定」を選択します。
    • 認証を許可(W) チェックします。
    • 以上で SMTP 認証の設定は完了です。
POP over SSL, SMTP over SSL, STARTTLS 設定
  1. メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。
    メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。
  2. 「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「メールの確認」を選択します。
    「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「メールの確認」を選択します。
    • 受信時SSL(Secure Sockets Layer) 必須(代替ポート) を選択します。
  3. 「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「メールの送信」を選択します。
    「ポート番号をSSL標準の 995 に変更しますか ?」の確認画面が表示されます。
    • 送信時SSL(Secure Sockets Layer) 必須(TLS) を選択します。
  4. メールの送受信時に、赤枠内のような警告が表示されます。
    メールの送受信時に、赤枠内のような警告が表示されます。
  5. メニューバーの「ツール(T)」から「オプション(O)...」を選択します。
    メールの送受信時に、赤枠内のような警告が表示されます。
  6. 「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「メールの確認」を選択します。
    「オプション」の画面の「カテゴリ(C):」で、「メールの確認」を選択します。
    • 「最新のSSL情報」をクリックします。
  7. 「Eudora SSL 連接情報管理」の画面が表示されます
    「Eudora SSL 連接情報管理」の画面が表示されます。
    • 「証書情報管理」をクリックします。
  8. 「証明書情報管理」の画面が表示されます。
    「証明書情報管理」の画面が表示されます。
    • 「JP, Okinawa, Naha-City, Okinawa Telecommunication Network 〜」を選択し、「信頼させるリストに追加」をクリックします。
  9. 「JP, Okinawa, Naha-City, Okinawa Telecommunication Network 〜」左のアイコンが変更されます。
    「JP, Tokyo, Chiyoda-ku, CPoint Corporation 〜」左のアイコンが変更されます。
    • 以上で POP over SSL, SMTP over SSL, STARTTLS の設定は完了です。